2017年3月1日より、
anoanoギャラリーは、当面休館となりました。

ano ano galerie 音楽堂ano ano

REI INABA EXHIBITION 『 Wind wolf 』

稲葉 怜 / R e I i n a b a
2016.11.23 - 12.10

営業時間:平日16:00〜20:00 土日祝10:00〜18:00 休廊日 : 11月24日・25日 12月3日・4日 レセプション : 11月26日土曜17:00〜20:00 公開製作 : 11月27日日曜〜12月2日金曜 入場無料

色づいた秋の木々が落葉し、冬の匂いが混じった風が木枯らしに変わる頃、東京の大塚にあるano ano galerie(アノアノギャラリー)にて、稲葉 怜(いなば れい)の個展を開催する運びとなりました。

彼女は学生時代より精力的に作家活動を行い、女子美術大学洋画科版画専攻を卒業後、日本の「着物糸」を用いて描く「繊維画」と言う独自の手法を追求しつつ、定期的な個展、数多くのグループ展、ライブペインティングを行ってきました。また、その活動の中で出会った様々な人々と、ジャンルレスなコラボ作品も生み出しており、その表現の幅の広さを伺わせます。

今回の個展は、彼女にとって、一つのターニングポイントとなることでしょう。作家活動に専念する事を決意し、ここまで歩いて来た道と、これから進む道を真摯に見据え、さらなる表現追求の第一歩となる重要な個展です。
自らの衝動に、これまで以上に純粋に、そして、貪欲に向き合い、彼女の中に昔から存在する孤高の美シンボル「狼」をモチーフとして「繊維画」やその他の表現を織り交ぜつつ、ギャラリーという「空間」までも意識した総合的な表現の在り方を探ります。

黄昏が夕闇に変わる頃、初冬の東京に刹那的に現れる「森の夜会」へと、ご多忙中の折とは存じますが、ぜひ皆様、お誘い合わせの上、ご来場賜りますようお願い申し上げます。

◀ back