2017年3月1日より、
anoanoギャラリーは、当面休館となりました。

ano ano galerie 音楽堂ano ano

模倣

白石雪妃
2014.09.15 - 09.28

人類はその歴史の中で、五感を刺激する様々な「表現」を探し、手に入れてきた。それらは一世を風靡し、廃れ、忘れられることを繰り返し、私たちが生きる現代では一定の飽和状態にある。この状態は、決してオリジナリティの枯渇ということではなく、むしろ「表現」を豊かにしている。
今回の白石雪妃による展覧会「模倣」は、現代における表現者の試みとして非常に興味深い。様々な偉大な表現者達の作品を敬い、探求し、自身の「表現」を再構築していく。

フランスを旅する途中で出会った、アルチュール・ランボー、ポール・マリー・ヴェルレーヌ、ピエール・スーラージュ。二人の詩人と一人の画家の作品が今回の展示のヒントになっている。ランボーの『地獄の季節』に収められた韻文詩「永遠」は、その型破りで乱暴な言葉と言葉の組み合わせが無限のイメージを呼び、ヴェルレーヌの紡ぐ言葉たちは音楽へと昇華し、スーラージュのリズムをもった記号は、コンポジションを形成し、空間表現へと変換されていく。

彼女は、表現者として「模倣」ということを恐れるのではなく、むしろ、無邪気な子供のように楽しんでいる。そして、これこそが現代における表現者達の新しい「創造」の一つのカタチであると言えるのではないだろうか。

◀ back