音楽堂ano ano ano ano galerie

lesson de ラ・パレット 音楽家のための運動療法士 イザベル・カンピオン女史による ピアノを弾く身体の使い方講座2017


2017.10.22 - 10.22

13:30~15:30(予定)

費用:5,000円(お申し込み後、指定口座にお振り込み)交通費、宿泊費などは自己負担となります。

お申し込み・お問い合わせ:連絡先を明記の上、以下のメールフォームにてお問い合わせください
 http://form1.fc2.com/form/?id=232471

〔定員〕20名(定員になり次第、締め切ります)

ジャン=マルク・ルイサダ先生とコラボした2014年、単独でお招きした2016年ののワークショップに続き、2017年にもお招きすることとなりました。

合理的で身体に負担のかからないピアノ演奏における自然な身体の使い方について、論理と実践を交えてご教示いただきます。
自然で合理的な奏法は、長い目でみて演奏上のトラブルを避ける効果も期待できます。
<サイト>
http://home.att.ne.jp/moon/lesson_note/isabelle2017.htm


イザベル・カンピオン女史:
運動療法士、アマチュアチェリスト。
楽器演奏時に苦痛を伴う多くの演奏家の治療に当たっている。2000年より演奏家のパフォーマンスや健康に焦点を当て、運動医学を専攻、また芸術医学のディプロムを取得。2002年より「音楽家の為のクリニック"la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale"」勤務。フォーカル・ジストニアを含む演奏家の職業疾患とその予防、テクニックや音楽表現のための動作の最適化、"あがり"の克服の研究、指導をしている。
また、フランス国内外での講演会、オーケストラ、
音楽教育機関でのトレーナーとしての活躍など、音楽に関する活動に大きな情熱を注いでいる。
日本では、2009年よりコンセール・パリ・トーキョウ企画の講座で講師を務め、2010年からは毎年1回、東京藝術大学に於ける特別講座の講師を務めている。

◀ back